闇夜のヘヴィブログ

タイトルとは裏腹に、かる~い感じで音楽などの趣味全般・ニュース・日々の出来事について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃を受けたアルバム「GUNS N’ ROSES/APPETITE FOR DESTRUCTION」

どうやって購入するレコードを選ぶか?

当時買っていた雑誌というとミュージックライフは卒業?してギターマガジンに変わっていましたが、そのレヴューを参考にして次に購入するアルバムを決めていました。
まあ、ギターマガジンだからギタリスト的においしいアルバムだろうという考えでした。
なので音源などあまり聴くすべがなかったので、本当にレヴューだより、そして買ってのお楽しみだったのです。

それで今回の「GUNS N’ ROSES/APPETITE FOR DESTRUCTION

APPETITE FOR DESTRUCTION

レヴューの締めくくりは、「・・・しょぼい鍵盤の単音弾きが入っていたり・・・でもこれが本物のロックってもんだぜ」といった感じのものでした。
「何かよくわからんけど、この悪そうなロックを聴いてみたい」と思い、レコード店で購入。
家に帰り、どきどきしながらターンテーブルの上にそっと出したレコードを乗せ、スタートボタン。
ヴォリュームを上げ目で、針が落ちてサーというノイズに続いて聴こえてきたのが「WELCOME TO THE JUNGLE」のギターフレーズ。

かっこえ~

その後のリフ、W・アクセル・ローズの特徴ある声と、パンチの連打を浴びたような感覚は一番記憶に残る衝撃となりました。
その後も「IT’S SO EASY」「NIGHTRAIN」と強烈な曲が続きます。この「NIGHTRAIN」のギターソロも大好きです。
しかし、鍵盤の単音弾きなんか入ってたっけ?

このバンド、メンバーは
VO W・アクセル・ローズ
EG スラッシュ
EG イジー・ストラドリン
EB ダフ・マッケイガン
DR スティーブン・アドラー

そしてバンドの2枚看板としては、何色もの声色を使い分けるアクセルと低迷していたギブソンのレスポール人気を一気に盛り返した「レスポールが似合うギタリスト」スラッシュなんですが、個人的には、帽子を深くかぶりフルアコギターをかき鳴らすクールな印象のイジーが好きでした。

IZZY STRADLIN

まったくの余談ですが・・・
WELCOME TO THE JUNGLE」は名曲ですが、全力オナニーズの「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル風呂」は最高の迷曲です。





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://heavyblog.blog.fc2.com/tb.php/14-282d3143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

よかったらクリックお願いします

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

探すなら・・・

新着ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。