闇夜のヘヴィブログ

タイトルとは裏腹に、かる~い感じで音楽などの趣味全般・ニュース・日々の出来事について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONEYMOON SUITE「THE BIG PRIZE」 

ハネムーン・スイートザ・ビッグ・プライズ」1985年

Big Prize

新品価格
¥703から
(2013/7/19 14:36時点)



ボン・ジョヴィワイルド・イン・ザ・ストリーツ」やエアロスミスパーマネント・ヴァケーション」を手掛けたことで有名なプロデューサー、ブルース・フェアバーンのプロデュースによるカナダのメロディアス・ハードロックバンドの2nd。
といっても、ボン・ジョヴィでブレイクする前に製作されたアルバムですね。(ワイルド・イン~は1986年)

というわけで、このアルバムは適度にハードで徹底的にキャッチー。実際カナダではアルバムチャート6位を獲得。いかにもな80'Sの匂いがする艶のあるギターサウンドやゴージャスなシンセサウンドで演奏されています。

このバンドを知ったのは、当時MTVで流れていた「WHAT DOES IT TAKE」という曲のPVで、印象的なメロディとバンド名がずっと頭に残っていたのですが、店頭で見かけることもなく年月がたってしまっていました。ところが先日、中古で並んでいるのを発見し、即購入しました。

実際アルバムを通して聴いてみると、上記したようにハードな曲も静かな曲もメロディアスというよりキャッチーで、ハードロックバンドというより80'Sの売れ線バンドという感もありますが、とにかく印象的な曲が揃っています。「FEEL IT AGAIN」というPVも有名なようですが、その他の曲もジェスロ・タルイアン・アンダーソンがフルートで参加していたり、ヴォーカルのジョニー・ディーの声が渋かったり、ギタリストのデリー・グレハンが派手さはなくても味のあるソロを弾いていたりと聴きごたえもバッチリです。

最近でも再結成してアルバムを出したりと活動しているようですが、こういった普通に良いバンドってなかなか脚光を浴びることが少ないですね、最近の音楽シーンって。

 




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | ホーム | 

よかったらクリックお願いします

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

探すなら・・・

新着ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。