闇夜のヘヴィブログ

タイトルとは裏腹に、かる~い感じで音楽などの趣味全般・ニュース・日々の出来事について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANNIHILATOR「SET THE WORLD ON FIRE」#2

アナイアレイターセット・ザ・ワールド・オン・ファイア
カナダのスラッシュ/パワーメタルの重鎮、メロディアスに攻めるサードアルバム。1993年発売。
実は2度目のレヴューです。

セット・ザ・ワールド・オン・ファイア

新品価格
¥2,248から
(2012/8/10 10:55時点)



ギターのジェフ・ウォーターズが中心になり1984年に結成されたバンド。当初からスラッシュメタル的キレのあるギターリフと伝統的HR/HMのメロディアスな展開を融合させた形態でしたが、このサードではよりメロディアスに、ヴァラエティに富んだアルバムになりました。
バラード「PHOENIX RISING」やタイトル曲「SET THE WORLD ON FIRE」で日本でのブレークのきっかけにもなったアルバムです。

初めてアナイアレイターを聴いたのがこのアルバムだったんですが、一曲目のタイトル曲で重いドラムに合わせて弾くギターの音を聴いて、そのタイトなサウンドに釘付けにされました。ジェフの弾くギターはリフもソロも非常に正確でキレがあるんですね。またバラードやブリッジ部で聴けるクリーントーンも硬質なサウンドです。
ギタリスト的にも思わずコピーしたくなるような名リフだらけでもあります。


現在も活動を続けるこのバンド、もうジェフ一人で成立するバンドとなっていますが、この時のメンバーは・・・
ボーカル:AARON RANDALL
ギター:JEFF WATERS
ギター:NEIL GOLDBERG
ベース:WAYNE DARLEY
ドラム:MIKE MANGINI

そうマイク・マンジーニです。
以前に世界最速ドラマーとしてご紹介しましたね。記事はこちら
という訳でドラミングも聴きどころ満載です。

オススメの曲はハードなベースリフからはじまる「KNIGHT JUMPS QEEN」、素早いピッキングで弾くのがムズいリフではじまる「DON’T BOTHER ME」や先に挙げた2曲のほか粒ぞろいですが、最後に入っている「BRAIN DANCE」が一押しです。
曲展開自体が激しいのですが、スラッシーな曲かと思いきや途中でおふざけ的な歌が入り、その後に激しいギターソロが来たり複雑なブレイクを挟んだりとジェットコースターのような曲です。

この曲をスタジオで楽しそうにリハーサルしている映像が何とも微笑ましい限りです。
これを紹介したかった!





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | ホーム | 

よかったらクリックお願いします

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

探すなら・・・

新着ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。