闇夜のヘヴィブログ

タイトルとは裏腹に、かる~い感じで音楽などの趣味全般・ニュース・日々の出来事について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出演者最強の青春映画「THE OUTSIDERS」

今までで一番繰り返しみた映画というと、フランシス・フォード・コポラ監督の「THE OUTSIDERS」(1983製作)です。

アウトサイダー [DVD]

新品価格
¥2,280から
(2012/1/20 11:43時点)




この「アウトサイダー」はTVで放送されたのを見たのが初めてだったのですが、当時中坊だった私への影響力ははかり知れないものでした。

ストーリーは・・・

オクラホマ州タルサという街では、貧困層の少年グループ「グリース」と富裕層の少年グループ「ソッシュ」が対立している。「グリース」の一人である主人公ポニーボーイは、大人しいが年が近いジョニーと二人で夜の公園にいるとき、酔っぱらった「ソッシュ」に絡まれ、ポニーボーイがリンチされる中ジョニーがナイフで「ソッシュ」のリーダー格を刺殺する。施設帰りのダラスに頼り、田舎に雲隠れするように指示された二人は、古びた教会に行き・・・

という思春期の恋や友情、そして兄弟愛を描いた青春映画です。

原作は、スーザン・E・ヒントンという女性で、他にも「ランブル」「テックス」といった映画化された作品も発表しています。当時はハヤカワ文庫から原作も翻訳されて出ていましたので、これも何回も読みなおしてそのたび感動していたものです。
個人的にはこの小説の方には書かれている、エピローグ的な部分があると、映画のオープニングとエンディングがさらに解り易く、エンディングで「ぞわっ」と来るのになと思います。
2005年には、未公開部分を加えたディレクターズカット版というのが、アメリカ国内のみ発表されているので、そちらではその辺も描かれているのかな?

そしてこの映画の良さを前提として、さらにこの映画を際立たせているのが、豪華出演陣です。
当時まだ名も知られていない若手俳優が豪華出演。この映画をきっかけに人気俳優になっていきました。

マット・ディロン(ダラス)・・・「シングルス」「ドラッグストア・カウボーイ」なども大好きな映画です。
C・トーマス・ハウエル(ポニーボーイ)・・・「ソウルマン」「ヒッチャー」など。E・Tにもちょい役で出演。
ラルフ・マッチオ(ジョニー)・・・「ベスト・キッド」「ベストキッド2」
ダイアン・レイン(チェリー)・・・「ストリート・オブ・ファイアー」「コットン・クラブ」
パトリック・スェイジ(ダリー)・・・「ゴースト/ニューヨークの幻」「栄光のエンブレム」冥福を祈ります。
ロブ・ロウ(ソーダポップ)・・・「ホテル・ニューハンプシャー」「セント・エルモス・ファイアー」最近では「オースティン・パワーズ」でB級キャラ?で出演。
トム・クルーズ(スティーヴ)・・・「トップ・ガン」「レイン・マン」「ミッション・インポッシブル」今や知らない人はいない。
エミリオ・エステベス(トゥービット)・・・「セント・エルモス・ファイアー」「ヤング・ガン」「ウィズダム」チャーリー・シーンの兄

その後、レンタルビデオ屋(まだDVDなどなかった)にいったら、この誰かが出ているのを結構借りていました。
特に、マット・ディロンの悪ぶった渋い演技がカッコよくて、かなり影響された覚えがあります。ジェームス・ディーンの再来とも言われてましたね。

とにかく映画好きなら一度は見てほしいこの作品。

テーマ曲はスティービー・ワンダーステイ・ゴールド」です。名曲です。そしてこの映画のキーワードです。





にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | ホーム |  »

よかったらクリックお願いします

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

探すなら・・・

新着ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。