闇夜のヘヴィブログ

タイトルとは裏腹に、かる~い感じで音楽などの趣味全般・ニュース・日々の出来事について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONEYMOON SUITE「THE BIG PRIZE」 

ハネムーン・スイートザ・ビッグ・プライズ」1985年

Big Prize

新品価格
¥703から
(2013/7/19 14:36時点)



ボン・ジョヴィワイルド・イン・ザ・ストリーツ」やエアロスミスパーマネント・ヴァケーション」を手掛けたことで有名なプロデューサー、ブルース・フェアバーンのプロデュースによるカナダのメロディアス・ハードロックバンドの2nd。
といっても、ボン・ジョヴィでブレイクする前に製作されたアルバムですね。(ワイルド・イン~は1986年)

というわけで、このアルバムは適度にハードで徹底的にキャッチー。実際カナダではアルバムチャート6位を獲得。いかにもな80'Sの匂いがする艶のあるギターサウンドやゴージャスなシンセサウンドで演奏されています。

このバンドを知ったのは、当時MTVで流れていた「WHAT DOES IT TAKE」という曲のPVで、印象的なメロディとバンド名がずっと頭に残っていたのですが、店頭で見かけることもなく年月がたってしまっていました。ところが先日、中古で並んでいるのを発見し、即購入しました。

実際アルバムを通して聴いてみると、上記したようにハードな曲も静かな曲もメロディアスというよりキャッチーで、ハードロックバンドというより80'Sの売れ線バンドという感もありますが、とにかく印象的な曲が揃っています。「FEEL IT AGAIN」というPVも有名なようですが、その他の曲もジェスロ・タルイアン・アンダーソンがフルートで参加していたり、ヴォーカルのジョニー・ディーの声が渋かったり、ギタリストのデリー・グレハンが派手さはなくても味のあるソロを弾いていたりと聴きごたえもバッチリです。

最近でも再結成してアルバムを出したりと活動しているようですが、こういった普通に良いバンドってなかなか脚光を浴びることが少ないですね、最近の音楽シーンって。

 




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

JOHN COUGAR MELLENCAMP「THE LONESOME JUBILEE」

ジョン・クーガー・メレンキャンプ「ロンサム・ジュビリー」1987年

ロンサム・ジュビリー 1

中古価格
¥780から
(2013/5/23 11:46時点)



初めて買ったレコード「アメリカン・フール/ジョン・クーガー」の記事でも紹介したジョン・クーガー。
「アメリカン・フール」の後、「天使か悪魔か」でソリッドなバンドサウンドアルバム、「スケアクロウ」という名盤で数々のヒット曲を連発し、その後に発表されたこのアルバム。
今までとは違った、トラディショナルな楽器も使った渋いアプローチによる楽曲群が入っています。バンジョー、ドブロ、ペダルスティール・フィドル・・・。ソウルフルなバックボーカルも入り、かなり「大人な」印象ですが、このアルバムからも「ペーパー・イン・ファイア」「チェック・イット・アウト」「チェリー・ボム」といったヒットを出しています。
この大きな音楽的変化の要因として、「スケアクロウ」当時に企画を立ち上げた「ファーム・エイド」の影響もあったのでは?
都会の発展とはかけ離れたところで地方の農家が困窮しており、そのチャリティーを目的としたイベントに係わることで、精神的にかなりの深化を経た結果だったとも考えられます。

しかしこの人の魅力って、歌や音楽はもちろんですが、その時々で、若さ溢れる衝動や青春を歌ったり、アメリカの誇りや苦悩を体現したり、大人になる上での葛藤や精神的な成長をその背中で見せたりと、人間臭さにあるんじゃないかと思ったりもします。

このアルバムからファーストカットされた「ペーパー・イン・ファイア」。
片田舎の寂れた町で収録された映像、住民たちの姿、演奏シーンが一つになって強烈な印象をもたらしています。
どのアルバムもそうですが、長く付き合っていくことになる、生涯の一枚になる可能性と魅力をもっていることは間違いないです。




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

DOKKEN「BACK FOR THE ATTACK

ドッケン「バック フォー ジ アタック」1987年作品

バック・フォー・ジ・アタック (ワーナー・ハード・ロック1500)

中古価格
¥1,000から
(2013/5/14 12:03時点)



ボーカルのドン・ドッケンを中心に1979年に結成されたバンド。
ドイツとLAで活動しながら、後にRATTに参加するフォアン・クルーシェ(B)、ミック・ブラウン(Dr)、そしてギタリストのジョージ・リンチというメンバーでフランスのレーベルより81年に「BREAKING THE CHAINS」でデビュー。その後ベーシストがジェフ・ピルソンにかわり、エレクトラよりメジャーとして1stを再リリース。その後84年に「TOOTH AND NAIL」、85年に「UNDER ROCK AND KEY」と評価とセールスを獲得していき、87年に発表された4枚目のアルバム。
前作のメロディアス路線を継承しつつも、ヘヴィで重厚感のあるギターを打ち出した音作りで、ドッケンの円熟期のアルバムといってもいい名盤です。

LAメタルブームの初期から他とは一線を画すスタイル・演奏力で異彩を放っていましたが、やはりあまりにも有名な「犬猿の仲」である、ドンとジョージの個性はひと際目立つものでした。
ドンの歌う甘いメロディと、ジョージのキレのあるギターサウンドやフラッシーなギターソロはドッケンサウンドの核となっています。
このアルバムリリース後のツアーを経て88年に解散、その後メンバーを変えて再結成しドッケンというバンドは存続しますが、やはりこの4枚目までが聴くべきアルバムだといえるでしょう。

とにかく一曲目「KISS OF DEATH」のイントロリフからノックアウト。一気に心を奪われてしまう名リフです。曲自体メロディ・ギターソロ・構成等最高です。2曲目3曲目はミデアムテンポのどっしりした曲調ですが、メロディ・コーラスも良く、全曲でも言えることですが、ギターソロもグッと耳を惹きつけるサウンドとフレーズで、じっくりと聴きこんでしまいます。4曲目「STANDING IN THE SHADOWS」のクリーントーンのフレーズも印象的、5曲目のスローナンバーを経て6曲目「MR.SCARY」です。ギターがこれでもかと主張しまくるインストナンバーは、ドンがメインのバンドでよくもここまでやったという驚愕の曲です。
そして、レコードではB面にあたる7曲目からは曲調がよりメロディアス系に移り、8曲目はシングルカットされた「BURNING LIKE A FLAME」で一層の異彩を放っています。とにかくキャッチーでサビもリフも印象的です。その後もメロディアスな曲が続き、最後は「エルム街の悪夢3」のテーマソングにもなった「DREAM WARRIORS」で幕を閉じます。

「KISS OF DEATH」のハードチューンでノックアウトされるも良し、「BURNING LIKE A FLAME」で心を奪われるも良し。ドッケンの奥深さを知るならこのアルバムがオススメです。



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


衝撃を受けたPOISONのPV

衝撃を受けたプロモーションビデオ「POISON/TALK DIRTY TO ME」 
洋楽を聴き始めた当時、深夜に放送していた小林克也ベスト・ヒット・USAPOISONのプローモーションビデオが流されました。
当時はLAメタルがブームとなり始め、ケバケバしいルックスでグラマラスな要素とメタルバンドの要素を融合したようなバンドが、ロサンゼルスを中心に大量に発生してきた時期でした。
POISON
見た目にもカッコよくて興味をもったこともありますが、曲自体がとてもキャッチーで一発で覚えてしまうようなPOPさでした。よくよく考えたら、その後のパワーポップへの傾倒はこのバンドの影響もあったかも知れません。
とにかく、その楽曲の良さからLAメタルのなかでも「POPメタル」と位置づけられシーンを牽引。振り返ってみるとLAメタル勢で一番売れたバンドと言われてますね。

で何が衝撃かというと、当時ギターを弾き始めたばかりの自分は、ギタリストのC.C.デビルに注目するわけです。
C.C.DEVIL
この曲のPVはステージでの演奏シーンがメインになっているんですが、メンバー全員が派手なアクションでの演奏を見せているんですね。当時の純真無垢な自分は、これが本当に演奏しながら撮ったビデオなんだと思っていたのです。そしてC.C.デビルはギターソロになると床をくるくる回りながら弾き倒している!スゲー!!と仰天してしまったのです。

今にして思うと演奏技術もやっていることもハイレベルではないんですが、当時は僕のヒーローでした。
ちなみにこのタイトルは、ポルノビデオから拝借したものだそうです。

Look What the Cat Dragged in

中古価格
¥960から
(2013/1/23 12:18時点)






にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

DEAD END「Kaosmoscape」

DEAD ENDの25thアニバーサリーLIVE「Kaosmoscape

DEAD END 25th Anniversary LIVE "Kaosmoscape" at 渋谷公会堂 2012.09.16 (DVD2枚組)

新品価格
¥4,662から
(2012/12/19 10:55時点)



1980年代に起こったジャパニーズ・メタル(略してジャパメタ)の潮流の中で、独自の怪しげな歌詞の世界とメロディアスな楽曲で人気を誇ったバンド。86年のデビューから89年のサード・アルバム発表までの短い活動期間ながら、後のビジュアル系バンドの先駆けともいわれ、現在活躍するミュージシャンたちに与えた影響も計り知れないほどです。
その後、各自ソロやバンド活動を経て2009年に復活し2枚のアルバムを製作。以前よりもより怪しくヘヴィなサウンドになり、進化したDEAD ENDの2012年9月16日に行われた25thアニバーサリーLIVEの映像を収めたDVDです。
インナージャケット
DEAD END KAOSMOSCAPE.jpg


メンバーは、VoのMORRIE、GtのYOU、Baの“CRAZY”COOL-JOEとゲストドラマーのKEI YAMAZAKI。オリジナルメンバーのMINATOは不在ながらも、現在の楽曲にマッチしたツーバスとパワフルなドラミング、素晴らしいコーラスで大活躍です。

新旧の楽曲を合わせて、計29曲(Introduction×2含む)DVD2枚組160分以上におよぶ充実のライブ映像になっています。

特に嬉しいのは、ファーストからサードアルバムまでの曲も演奏されている点です。ファーストのオープニングを飾る「Danse Macabre」やセカンドのオープニング曲「Embryo Burning」などは、ギターで弾けるように耳コピをがんばっていたこともあり、懐かしい上に嬉しい限りです。
最新アルバムでは「水晶獣」をコピッてますが、やはり一曲目ってインパクトがありますね。

とにかく、MORRIEのヴォーカルさらに深みと妖しさを帯び、YOUのギターは流麗なアートのようでサウンドもブラッシュアップして、“CRAZY”COOL-JOEは存在自体がクールで淡々とベースを弾きこなし、一度見だすと最後まで見続けてしまいます。
特に昔のDEAD ENDしか知らない人は一度見た方が良いです。



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




 | ホーム |  »

よかったらクリックお願いします

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

探すなら・・・

新着ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。